50代におすすめのオールインワンジェルはどれ?

 

50代の女性

 

 

 

50代のお肌のお悩みトップ3と言えば・・・・

 

しみ・しわ・ハリ弾力のなさではないでしょうか?

 

そんなあなたのために、
以下の5つのよくあるお肌のお悩みから、おすすめのオールインワンジェルをランキング形式でご紹介します。

 

  1. 保湿
  2. ニキビ
  3. しみ
  4. シワ・ハリ
  5. 毛穴

 

メディプラスゲル

 

メディプラスゲルほうれい線

 

  • 返金保証:30日間全額返金保証
  • 内容量:180g※約60日
  • 定期購入:2,996円

 

 

保湿 ニキビ しみ しわハリ 毛穴

 

 

販売本数600万本以上、モンドセレクション3年連続金賞のメディプラスゲル。

 

低価格&たった1本でガサガサから潤う毎日へ!

 

デメリットは?

 

オイリー肌の人は、少しベタつく&コッテリに感じるかもしれません。

 

【公式】→https://mediplus-orders.jp

 

 

ホワイトニングリフトケアジェル・シミウス

 

ホワイトニング リフトケアジェル

 

 

  • 返金保証:30日保証あり
  • 内容量:60g※約1か月
  • 定期購入:3,795円

 

保湿 ニキビ しみ しわハリ 毛穴

 

シミウスはシミ対策や美白向けのオールインワンジェルです。

 

最大の特徴は”医薬部外品”&”マッサージ用”で、他社の商品にはない強みです。

 

デメリットは?

 

多忙でマッサージなんて無理!
という人には向かないです(汗)

 

 

【シミウス 公式サイト】
→https://www.mebiusseiyaku.co.jp

 

 

エミーノボーテ モイスチャーリッチクリーム

 

エミーノボーテ

 

  • 返金保証:なし
  • 内容量:50g※約1か月
  • 定期購入:1,980円

 

保湿 ニキビ しみ しわハリ 毛穴

 

エミーノボーテ モイスチャーリッチクリームは目元や口元の”ハリ”や小じわやクスミが気になる方にピッタリ!

 

デメリットは?

 

返金保証がない点。

 

また、ポンプ式でない点(※好みの問題ですが・・・)
です。

 

【公式】
→http://www.sukoyaka-egao.jp/

 

 

ピュアメイジング

 

シミ訴求LP

 

  • 返金保証:30日間全額保証あり
  • 内容量:60g※約1か月
  • 定期購入:1,980円

 

保湿 ニキビ しみ しわハリ 毛穴

 

ピュアメイジングはニキビ&シミが気になるあなたに最適なオールインワンジェルです。

 

最大の特徴は”医薬部外品”&”1つで12役(※業界最多)”で、他社の商品にはない強みです。

 

デメリットは?

 

特にありませんが、ややべたつく!と感じる人もいるようです。
※私はそうは思いませんが・・・(汗)

 

 

【ピュアメイジング 公式サイト】
→http://puremazing.jp/

 

 

フィトリフト

 

フィトリフト

 

 

  • 返金保証:10日以内あり
  • 内容量:50g※約1か月
  • 定期購入:1,980円

 

保湿 ニキビ しみ しわハリ 毛穴

 

わずか10秒でピーン!というキャッチコピーで有名なフィトリフト。

 

ピーン!という言葉にピンと来た(汗)方におすすめです。

 

デメリットは?

 

初回は安いが、2回目〜はやや高い

 

※送料含め、税込みで5000円を超えてしまう

 

 

【公式】→http://www.phytolift.jp

 

 

顔の美容Q&A

 

美容を語る女性

 

顔にできるシミの原因

 

顔にできるシミの原因は非常にたくさんあります。

 

しかし、その最も大きなもとしては紫外線はとても重要といえるでしょう。紫外線は顔の皮膚にあるメラニン色素を作るメラノサイトという細胞を刺激してメラニン色素を産生させます。

 

このメラニンが沈着するとシミとなってしまうのです。さらに、シミの原因として加齢があげられます。

 

年齢を重ねていくと皮膚の細胞のターンオーバーは悪くなるため、メラニン色素が沈着した皮膚の細胞が脱落しにくくなるため、
シミとして目立ちやすくなってしまうのです。また、ほかのシミの原因としては女性ホルモンやストレス、自律神経の乱れなどもあげられます。

 

いずれも、皮膚のメラノサイトや皮膚細胞のターンオーバーには影響を与える因子となっているためです。

 

またこれらな単独で起きることだけでなく複合して起きることも少なくありません。

 

疲れから自律神経の乱れやホルモンバランスが乱れる、
そして皮膚の細胞への影響からシミができるというように、多くの因子が絡み合って顔のシミはできてしまいます。

 

特に年齢を重ねると今までは大丈夫だと思っていても、気づくと皮膚に大きな変化をきたしていることも増えてくるため、
よりこれらの要因に注意を払わなければいけません。

 

顔のたるみの原因

 

今や、顔のたるみは女性だけではなく男性でも悩んでいる方が少なくありません。

 

年齢による顔のたるみは仕方ないと言えますが、若い方でもさまざまな原因でたるみを発生させている方もめずらしくありません。

 

顔のたるみは主に弾力や筋肉質の低下、皮下脂肪の肥大化などが上げられます。

 

年齢とともに、コラーゲンやエラスチンと言ったお肌の弾力に関係してくるものが減少することで起こります。

 

また、新陳代謝は年齢とともに減少していき皮下脂肪が増えることで重力に逆らえなくなった脂肪が下がっていきます。この様なことから、たるみは起きてしまうのです。

 

 他にも、ストレスや乾燥など外的要因が原因で引き起こす場合もあります。乾燥は、保湿力などを奪い新陳代謝を悪くし肌のハリを失わせます。

 

同じように、ストレスや喫煙も肌のターンオーバーを乱れさせ肌の機能が低下し肌荒れやたるみを引き起こしてしまうのです。

 

年齢に関係なく乾燥や喫煙、ストレスをお肌に与えてしまうと若い方でもたるみの原因を引き起こしてしまうのです。

 

このようなことから、毎日の生活でお肌や顔のことを意識してストレスをためないよう十分な睡眠をとり生活することが非常に大切だと言えます。

 

 

乾燥肌になる原因を解説!

 

乾燥肌になってしまう原因は、女性と男性では異なります。それぞれの違いを把握して、乾燥肌を予防しましょう。

 

まず、女性の乾燥肌の原因ですが、女性ホルモンが大きく関わっています。年を重ねると女性ホルモンのひとつであるエストロゲンが減少してしまいます。このエストロゲンには、肌の水分を保つ働きがあるため、このホルモンが減少してしまうと乾燥が酷くなってしまうのです。エストロゲンは月経と大きく関係しており、生理前に肌の調子が悪くなったりするのも、このホルモンの分泌が少なくなっていることが原因です。また、閉経してしまうとこの女性ホルモンの分泌が極端に減ってしまうので、肌も非常に乾燥しやすくなります。

 

この女性ホルモンの減少は、生活習慣やストレスも非常に大きく関わってきます。ストレスを少なくしたり、規則正しい生活習慣を心掛けることで女性ホルモンの分泌は増加するため、肌の乾燥防止に?がります。

 

一方、男性の場合は、お手入れ不足や間違ったスキンケアによって、乾燥肌を引き起こしてしまいます。洗顔料でごしごし顔を洗ったり、化粧水や保湿剤を使用しないなどで、肌は乾燥してしまいます。もちろん、男性も加齢と共に水分を肌に保つ機能が低下してくるため、乾燥しやすくなるという原因もあります。

 

オイリー肌になる原因は?

 

ニキビができやすかったり、べたつきが気になる「オイリー肌」。悩んでいる人も多いでしょう。オイリー肌の原因は、人によって様々です。

 

10代の若い頃は皮脂分泌が激しく、べたつきの大きな要因です。この時期にニキビが増えてしまう人も多いです。

 

しかし年齢と共に少しずつ治まっていきます。べたつくからと、皮脂を取りすぎても逆効果なのです。肌がべたつくとつい洗いすぎたり、さっぱりタイプの化粧品ばかり使ったりしてしまいます。

 

でも肌の油分が少なくなると、肌は皮脂を出して守ろうとするのです。これに気付かず、どんどん皮脂を取り去るケアをしてしまうと、隠れオイリー肌になる可能性があります。

 

オイリー肌に悩んでいる人は、意外と皮脂の取り過ぎが原因の人も多いのです。オイリー肌は、水分と油分のバランスが崩れているとなりやすいです。もう一度スキンケアの見直しをしてみましょう。

 

毎日の生活習慣も大切です。脂っこい食事を控え、栄養バランスに気を付けてください。メイクをしっかり落としたり、睡眠の質を良くすることも改善につながります。

 

自分のオイリー肌の原因を良く考え、肌に合ったスキンケアと規則正しい生活で、綺麗な肌を目指しましょう。

 

ほうれい線ができる理由とは?

 

原因のひとつに乾燥肌が挙げられます。

 

潤いのある肌の場合はピンとしたハリを持っていますが、これは肌内部の水分量が多いためです。

 

細胞がキレイに整っていますので弾力もありシワもできにくいです。ところが水分量が減り乾燥気味になってくると細胞の配列も乱れてほうれい線も出やすくなります。

 

皮膚のたるみもほうれい線ができる理由のひとつです。加齢や乾燥などにによって皮膚はたるみますが、すると皮膚のたれ下がりによって影が生まれやすくほうれい線の筋も生み出します。

 

表情筋が衰えているのも原因として考えられます。顔の皮膚は筋肉によって支えられていますが、筋肉は使わないとどんどん衰えてきてしまうのです。するとたるみも起こりやすくなりシワのようになってしまうのも無理はありません。

 

その他にも顔の歪みも原因になり得ます。クセや姿勢などによって歪みが起こることがあるのですが、顔のかたちが変形してくると脂肪の位置にも影響を与えます。

 

ほうれい線ができてしまうのもそうした影響であり、その他の対策でも改善ができない場合は歪みを疑うことも必要と言えるでしょう。

 

なお顔の歪みは体全体の歪みが原因の場合もあるため、顔だけでなく体から整えることも必要です。

 

 

基礎化粧品の基本を学ぶ

 

基礎化粧品に疑問を思う人

 

 

化粧水の役割とは?なぜ使う必要があるの?

 

化粧水はなぜ使うのか疑問に思われる方もいらっしゃるのではないでしょうか。化粧水の役割についてご説明しましょう。

 

肌というものは、洗顔後何もしないでほおっておくと、水分がだんだん失われていきます。また、水分がなくなるからといって、水を肌に塗っても簡単には吸収してはくれないのです。理由は、肌には、もともと外部からくる良くないものを受け付けないための防御作用や油分があるからです。この防御作用や油分のために、ただの水は浸透しにくいのです。これらは、肌には必要なものですのでなくては困ります。しかし、水分を補うという意味では厄介なものかもしれません。

 

そこで化粧水がその水分を補うものとして効果を発揮します。化粧水は商品にもよりますが、肌に浸透しやすくなるように、また、肌が柔軟になるように、製品が作られています。油分などのバリア機能があっても、うまく肌に浸透するように成分が調整されているのです。

 

肌にしっかりと水分を浸透させ保湿をするには、化粧水を使うことが大事です。できれば、手で直接つけるのではなく、コットンで軽くたたくように付けるとより浸透します。

 

また、化粧水を付けた後は必ず乳液を付け、水分が失われないように、乳液の成分で肌を覆いましょう。

 

オールインワンゲル化粧品のメリット・デメリットとは?

 

女性にとって毎日のスキンケアは欠かす事の出来ない物ですが、一口にスキンケアと言っても洗顔してから化粧水に美容液や乳液の他にもパック後のクリームなど結構手間と時間がかかっています。

 

仕事や子育てで忙しい女性にとって最近はオールインワンゲル化粧品のシェアが高まっていますが、メリットとデメリットをしっかり把握して使用する事で、自分にあった物をセレクトすれば安心です。

 

オールインワンゲル化粧品のメリットは、まず毎回行わなければならない数々の工程を一つの化粧品でまとめて行う事が出来るので、スキンケアの大幅な時間短縮になります。

 

また単品で購入するよりもコストパフォーマンスに優れているので経済的にも優しいだけでなく、肌に触れる時間や回数も少ないので余計な刺激を与えない事も大きなメリットです。

 

対してデメリットとしては手間と時間を節約している分、万人向けになっているので化粧水や乳液などの工程を丁寧に行うよりもスキンケア効果は低くなると実感している方が多くなります。

 

また浸透力の低さを感じている方も多く、保湿にこだわる方にとっては物足りないと感じているだけでなく、肌に合わない場合はどの役割を持った成分が合わないのかも分かりにくいのもデメリットです。

 

最近では使用目的に合わせた成分を配合しているオールインワンゲル化粧品も多くなっているので、選ぶ際にはランキングや口コミを参考にすると失敗も少なくなります。

 

 

乳液はなぜ使うの?役割は?

 

化粧水の後に使う乳液はなぜ使うのでしょうか。夏場などで化粧水のみのスキンケアをしている人もいますが、肌のためには乳液も使った方が良いです。本来の役割を知っておくと乳液の大切さがわかります。

 

乳液の役割は「肌の水分が蒸発するのを防ぐこと」と「肌を潤し保護すること」です。

 

顔を洗った直後の肌はスベスベになりますが、これは汚れだけでなく自分の肌が出す皮脂膜という天然の保湿成分も流されているということです。

 

すぐに保湿が必要な状態であり、放っておくと肌から水分が蒸発していってしまいます。

 

化粧水で水分を補ったところで化粧水も蒸発しますので、結局は皮脂膜のような油分は欠かせない存在なのです。ただ、皮脂膜は再度出てくるまで時間がかかりますので、その間の代わりの油分として乳液が使われるというわけです。

 

油分を補うと肌は潤いますので、外部からの刺激を軽減でき保護することができます。
また、乳液にも美容成分が入っていますので、肌に送り届けるという役割もあります。油分が肌に密着し、じっくりと美容成分が行き届きます。

 

化粧水は主に水分補給がメインであり、水溶性の美容成分を溶かすことができるという点で乳液と比較することはできませんが、両方大切なものなのでどちらも使う必要があります。